恋愛・結婚

子育て中の妻が感動して涙するプレゼント|丸1日の「ひとりの時間」

妻へのプレゼント、子育て中の場合は?

子育てで疲れ気味の妻をねぎらいたい。誕生日・記念日のプレゼントで感謝を伝えたい。

どんなプレゼントなら喜んでもらえるのでしょうか?

この記事では、子育て中の妻へのとっておきのプレゼントをお教えします!

子育て中の妻へのプレゼント、違うそうじゃない!

「独身時代のように、女らしくキレイにしてほしい」「たまには遊びに行って息抜きしようよ」

良かれと思って選んだプレゼント、実は妻にはあんまり嬉しくないかもしれませんよ。

アクセサリー・化粧品・香水・ハイヒール

赤ちゃんの肌はとても柔らかく傷つきやすいため、独身時代は大好きだったアクセサリーの着用を控えている奥様もいます。また、赤ちゃんの誤飲も心配ですね。

同様に、化粧品や香水も心配して付けない人、赤ちゃんを抱っこしているときに転ばないようにハイヒールを履かない人もいます。

花束

生花をもらうと毎日水を替える手間が発生し、花粉が飛べば掃除も大変になります。

花束のプレゼントは、育児でただでさえ忙しい妻をいっそう苦しめることになるでしょう。

家族で食事

「料理を作るのも大変だから、たまには外食しよう」そんな気遣いはとても嬉しいのですが…。

ちょっとおしい!

家族でレストランに食事に行っても、赤ちゃんに離乳食を食べさせるのが「ママの仕事」ではママはゆっくり味わうヒマもありません。

やっと自分がありつく頃に料理は冷め切っている、麺はのびきっている…。

もう一工夫あると奥様が泣いて喜ぶお食事会になりますよ。その方法は記事の後半で!

家族で旅行

家族旅行も、赤ちゃん連れでは大変です。

オムツにミルク、ベビーフード、水筒、着替え、ベビーソープ、おもちゃ、etc.持って行く荷物がとにかくいっぱい。

慣れない環境で子どもがぐずったり体調を崩したりする心配もあり、気が休まりません。

楽しみよりも負担の方が大きくなってしまうので、これもちょっと惜しい!

では、そんな育児に疲れた妻には何をプレゼントすると喜ばれるのでしょうか?

子育て中の妻が本当に欲しいプレゼント「一人になれる時間」

キッズラインのアンケート調査によると、ママが育児中で一番ストレスに感じることだ1位は「自分の時間がないこと」で53.5%、次に多かった回答は「パートナーや周囲の協力がない」の15.8%でした。

24時間気を張って熟睡できないし、誰にも褒められないけれど、子どもがかわいいから、母親だから、頑張っている。

でも、ママだってたまには1人の時間が欲しいのです。

「1人でゆっくり○○したい」

子育てをすると、1人で何かできることがとても贅沢に感じられます。

1時間でもいいから、熟睡したい。

新生児は寝てくれず、やっと寝ても泣いたら起きないといけないため、ママは熟睡できず情事寝不足の状態です。

たった3時間、いや1時間でもいいから熟睡したいのがママたちの願い。

ゆっくり一人で食事したい

子どもに食べさせるのが一苦労で、自分の食事は後回し。

別に贅沢なものじゃなくてもいいから、一人でゆっくり温かいうちに食べたい!

録画したドラマを見てぐうたらしたい

仕事をしながら育児している人は、通勤途中の駅のホームや会社の昼休みに「一人時間」があります。

ですが、ワンオペで育休中のママや専業主婦はどこにも一人時間がありません。

たまにはドラマの録画でも見てぐうたらしたい!

だけれども…

息抜きに罪悪感を持ってしまう

奥様は自分も疲れているけれど、仕事で疲れて帰ってきたご主人に子どもを預けて息抜きすることに罪悪感を感じて我慢している人も多いのです。

特に、専業主婦の人は自分がお金を稼いでいないのにベビーシッターを頼むなんてワガママで贅沢なんじゃないか、と思って我慢しています。

だから、子育て中の奥様には「一人時間」をプレゼントしてあげましょう!

今はどんな素敵なモノよりも、半日でも数時間でもいいから一人きりでゆっくり過ごさせてあげるのが喜ばれるでしょう。

子育て中の妻に「一人の時間」をプレゼントするアイディア集

ここからは、奥様に「1人時間」をプレゼントするアイディアをいくつかご紹介していきます。

育休を取る

いちばんのプレゼントは、パパが育休を取ってワンオペ育児を解消してあげることかもしれません。

ほとんど寝てくれない新生児の世話は寝不足になってとっても大変!

でも、パパが一緒に育休を取ってくれれば、二交代制で睡眠時間が確保できます。

3ヶ月までの赤ちゃんは昼夜問わず3時間おきに母乳やミルクを欲しがる。

大抵の成人は3時間おきに母乳やミルクを与え続けると精神的にだいぶ参ってくるという知見が広く共有されていたので、もともと夜型人間である僕が深夜0時から早朝6時に掛けての間ずっと夜ふかししながらミルクとおむつ換えを担当する2交代制シフトを採用した。

そして6時から12〜13時に掛けて起きてきた妻にバトンタッチして寝るという生活を続けている。

これは非常に効果的で、睡眠不足に起因する問題は夫婦ともに発生していない。

部屋の明かりを消して暗い部屋で黙々とPCを叩くのは学生の頃からの日常だった上、娘はほとんど寝ているので授乳を除いて割り込み抜きでコードを書いたり記事を読んだりできる。

夜ふかしが苦手でなければ万人にオススメしたいソリューションである。

引用:Googleに転職していきなり3ヶ月の育休を貰った

育児休業制度は育児・介護休業法に定められた両立支援制度で、男女関係なく取得することができます。

しかも、夫婦で育休を取ると「パパ・ママ育休プラス」「パパ休暇」などの優遇措置も受けられます。

休業の他にも、希望すれば短時間勤務の措置や時間外労働・深夜業の制限、子の看護休暇、転勤の配慮などが受けられます。

職場で前例がないなどと断られたり、出世できなくなったりするのを心配されるかもしれませんが、事業者には育児休業を理由とした不利益な取り扱いの禁止およびハラスメントの防止措置が義務づけられています。

これらは法律に基づく労働者の権利ですので、企業は認めなければなりません。

もしも育休の取得を認めない、不利益な取り扱いやハラスメントがあった場合には、都道府県労働局雇用環境・均等部(室)に相談しましょう。

明確な法令違反があれば事業主に行政指導が入ります。

取得条件など詳しくはイクメンプロジェクトをご覧ください。

お子さんが1歳未満なら、今からでも遅くありませんので育児休業を検討してみてはいかがでしょうか。

パパが子どもを連れて1日出かける

ときどきパパが子どもを連れて外に出かけてあげると、ママは家でゆっくり過ごすことができます。

休日なら丸一日どちらかの実家に連れて行っても良いですし、近所の公園で数時間お散歩しても良いです。

夜泣きがひどいときには、赤ちゃんをドライブに連れ出して、その間ママに仮眠を取ってもらうのも喜ばれるでしょう。

赤ちゃんと二人で外出するのは難しそうだなあという人は、まずは自分と赤ちゃんでお留守番ができるのを目指してみては?

食事をプレゼントするときは、パパが子どもと一緒に座って食べさせ、ママには先に食べさせてあげてください。

温かいうちにゆっくりご飯を食べられる幸せに、きっとママは感動します。

旅行をプレゼントするときも考え方は同じ。

実家やお泊まり保育の可能なベビーシッターに子どもを預けて夫婦水入らずで行くか、パパがお家で子守をしてママには1人でゆっくり温泉にでも行ってきてもらいましょう。

ベビーシッタークーポンを贈る

パパが子育て要員になってくれるのが一番心強いものの、どうしても仕事が激務でなかなかそうもいかない人もいらっしゃると思います。

そんなときは、ベビーシッターをプレゼントすると良いでしょう。

「専業主婦だから子育ても仕事のうち」と責任感を感じている奥様に有給休暇を作ってあげるんです。

キッズラインギフトなら、LINEで簡単にベビーシッタークーポンをプレゼントできます。

ベビーシッターをプレゼント

ママに3時間おひとりさま時間をプレゼントする場合、金額の目安は5,000円〜6,000円。

一人で美容院に行ったり、映画を観たり、友達と飲みに行ったり、ぐっすり眠ったり、好きなように使ってもらいましょう!

家事が楽になる家電

奥様の家事負担を減らす家電のプレゼントも、間接的に「ひとり時間」を作ることにつながります。

働く女性も、子育て経験のある男性も口を揃えて「育児は仕事よりも大変」と言いますから、機械化で少しでも家事にかかる時間を減らしてあげましょう。

お掃除ロボット

赤ちゃんがハイハイする床はキレイにしておきたいもの。

お掃除ロボットなら、ママが赤ちゃんの世話をしている間に他の部屋をお掃除してくれます。

食洗機

赤ちゃんを寝かしつけて、やっと食器洗いができる…。

食洗機があれば、その時間にママにも一息ついてもらえます。

電気ケトル

赤ちゃんのミルクや離乳食を作るのには電気ケトルが便利です。

タイガー魔法瓶の電気ケトルは空だき防止・蒸気レス・転倒流水防止構造なの安全機能もバッチリ。

ドラム式洗濯乾燥機

洗濯機は乾燥までやってくれるドラム式洗濯乾燥機が最強です。

洗濯物を干したり取り込んだりする時間の無駄を無くし、ママの職場復帰も後押ししてくれるはず!

***

サプライズじゃなく奥様のリクエストを聞いて一緒に選びましょうね。

予算的に家電を買ってあげられなくても、自分が家事をする余裕がなくても、せめて家事に文句や小言を言わないであげてください。

「いつもありがとう」の言葉に妻は救われ、また頑張れます。

子育て中の妻が喜ぶプレゼント|まとめ

育児のストレスナンバーワンは「ひとりきりの時間がないこと」。

ワンオペで育児に励むママには、子守を買って出て1人でゆっくり過ごしてもらうのが何よりのプレゼントになります。

食事や旅行のプレゼントは、必ず自分が子守またはベビーシッターの外注をセットで!

記念日のプレゼント以外にも、普段から主体的に育児に参加して奥様にも時々ひとりの時間を作ってあげると喜ばれるでしょう。

ホワイトデーのプレゼントなら、こちら!

あまりお金をかけない無難なお返しは?

ホワイトデーの無難なお返し
ホワイトデーの無難なお返し|安くて喜ばれるプレゼント予算別今年のバレンタインは何個チョコをもらいましたか? 好きな人や恋人からの本命チョコはもちろん、義理チョコ・友チョコももらえるモノは嬉しい...
私の人生に起きた「奇跡」のような出来事

 
ここまでお読みいただきありがとうございます!

一人でも多くの方に、人生をもっと楽しんでもらえたらいいな、と思いこのブログを書いています。

私はほんの3年前ぐらいまで、真っ暗闇のどん底の中にいました。

信じていた人に見捨てられ、寂しさを紛らわすように刺激的なゲームやネットの掲示板や動画を見まくり、一食にご飯を2合食べるほどの過食も止まらず、コンビニの袋だらけでゴミ屋敷寸前・・・。

人と比べては「自分はダメだ」と落ち込む日々でした。

ところが、私の先生であり、最も頼れる友人でもある佐藤想一郎そういちろうさんに出会って、人生が全く逆の方向に回り出しました。

まだ20代なのが信じられないくらい色んな経験をしていて知識も豊富なのですが、何よりも「良い未来」を信じさせてくれる不思議な説得力があります。

そんな想一郎さんから私は「願いを叶える方法」を教えてもらい、願っていたことが次々と実現しました。

過食が治り、ライターとして独立し、安定した収入を得て、一緒に成長していける仲間達とも出会えました!

もっと多くの人に人生を楽しんでもらいたいという願いから、このブログでは、想一郎さんの無料音声セミナー「4次元引き寄せプログラム」を紹介しています。

「願いを叶えたい」「目標を達成したい」「とにかく人生を変えたい」という人は、ぜひ聞いてみてください。

→ 詳しくは今すぐこちらから!