仕事術

シンクボードThink Board X を使ってみた正直な感想レビュー

シンクボード感想・レビュー

2019年2月7日、「ROCKET BOOK」の新たなラインナップとして登場したのが、書いたものをデジタル化できるスマートホワイトボード「シンクボード」シリーズです。

A4サイズのThink Board X (Small)は1枚入り2,980円、3枚セットで5,980円。A1より大きめのThink Board X (Large)は7,350円と、なかなかナイスなお値段です。

スマートノート界では本家の実力を見せる「ROCKET BOOK」ですが、「シンクボード」もノートシリーズと同じく専用アプリ「Rocketbook App」でスキャンができるようですが、実際のところ使い勝手はどうなのか気になりますね!

Think Board X (Small)の実物が届いたので、さっそく使ってみました。

シンクボードを開封してみた

まずは開封の儀!

シンクボードのセットに入っているもの

シンクボード、ホワイトボードマーカー、クロスが各1点ずつと、日本語の取扱説明書が入っています。

シンクボードの設置方法・貼り方

取扱説明書によると、シンクボードは裏面のシールをはがして壁やバインダーなどに貼り付けて設置するそうです。

設置方法
Step1:シートを貼り付ける場所を探す
Step2:設置面の汚れを取ってキレイに
Step3:裏面のシールをはがして、設置しよう
*Largeサイズは2人がかりで貼りましょう。

オリジナルのマイクロビーズ接着剤は設置面に跡が残らない「ダメージフリー」設計とのこと。

シンクボードは裏がシールになっている

見た感じは普通のシールです。

これって、もしかして……?

そう、いったん設置したら、剥がして張り直しすることは不可能でした!

剥がして、サイド別の場所に設置することはできますか?

できません。
シートの粘着力が弱くなってしまうので、
壁から落ちてしまう可能性があります。

また、「テクスチャーや凸凹がある面は推奨しません」との注意書きもありました。

シンクボードを設置する場所は、凹凸がなくツルツルしたスチール壁やガラス、プラスチック面、が適しているようです。

二度と剥がせないと思うともったいなくて、とりあえずシールは剥がさずにバインダーに挟んで使ってみることにしました。

シンクボードをバインダーに設置

100均のホワイトボードの差は「消し味」!

セコい人は、こんなことを考えるかもしれません。

わざわざシンクボードを買わなくたって、100均のホワイトボードや、備え付けのホワイトボードに油性ペンで左下のQRコードと黒枠を手書きすれば、ロケットブックのアプリが使えるのでは?と。

実際やっていないので可能かどうかは分かりませんが、シンクボードはアプリを差し引いたホワイトボード単体としても良品だと思います。

安いホワイトボードだと、ホワイトボードマーカーで書いて消してもうっすら跡が残ってしまいますよね。

シンクボードは跡が全く残らず消せるんです!!

シンクボードはよく消える

ナナメにして光に当てても、前回書いた文字は判読不能。

表面がすごいツヤッツヤしているので、しっかりインクを弾いてくれるみたいです。

シンクボードを手にした人は「消し味」に驚くことでしょう。

シンクボードをRocketbookアプリでスキャンする

さあ、お待ちかねのスキャンアプリ「Rocketbook App」を使ってスキャンしてみます。

Rocketbook Appを入手〜初期設定

アプリは無料。App StoreまたはGooglePlayからゲットしましょう。

インストールしたら、名前とメールアドレス、パスワードを登録すればすぐに使えます。

ロケットブックのアプリが英語!

アプリ内は全て英語ですが、ひるんではいけません。

Destinations(送信先)の画面が出ますので、ファイルの送付先を設定しましょう。

Change Destinations(送信先を変える)のボタンをタップして、ファイルの送信先・共有方法を選択します。

ロケットブックアプリ送信先設定

Google Drive、Evernote、Dropbox、OneNote、iCloud、Email送信等に対応しています

送付イメージの形式はPDFかJPEGを選択できますが、送信先によってはどちらかしか選べないようです。

Rocketbook Appでホワイトボードをスキャン

では、試し書きしたボードをスキャンしてみましょう。

シンクボード試し書き

Scanをタップしてボードをスキャン。

一発でちゃんと四隅を認識してくれました!さすが、専用シート×アプリ!

スキャンしたもの

左下の二次元コードと右下のロゴはスキャンすると自動的に消えるんですね。

iCloudに送信を選ぶと、iCloudに「ROCKETBOOK」フォルダが出現しており、先ほどの画像がPDFで保存されていました。

今まではiCloudメモアプリでスキャン、Macからメモを開いてPDFで書き出し保存、という段階を経ていた作業がワンタップでできてしまいました。

これは便利!!

スマートタイトル機能は英語のみ。

ちょっと楽しみだった機能「スマートタイトル」と「スマートサーチ」も試してみました。

「##」で囲うだけで、ファイル名が生成!

「## ThinkBoard ##」のように、ホワイトボード上に「##」で
タイトルを囲うだけで、アプリが自動でファイル名を作成。

面倒なファイル名作成の手間を省いて、ビジネスを効率化。

アップロードした先で、ファイル名の検索も可能。*現在は英語のファイル名のみ対応

引用:THINK BOARD | シンクボード

使い方によると…

– アプリのHandwriting Recognition(OCR)の設定で、SMART TITLE機能をONにする。
– タイトルにしたいテキストを、「##」で加工用にボードに記載する。

ふむふむ、これで自動でファイルにタイトルが付けられるらしい。

ただし、英語のタイトルのみ対応。まあ、アメリカのアプリだし、日本語は難しいからこれは仕方がありません。

実際に使ってみましょう。

History画面で、左上の歯車マークから、Handwriting Recognition(OCR)を順にタップすると、以下の画面になります。

スマートタイトルの設定方法

初期値はSMART TITLES・SMART SEARCHがそれぞれOFFになっていますので、ONをタップ。ONに色が付けば設定完了です。

この状態で新しくスキャンすると…

スマートタイトル

こんな感じで読み込みできました!大文字・小文字も区別してくれますね。

スマートタイトルはローマ字もOK
ローマ字・数字も行けました!

シンクボードが最大の威力を発揮する活用法

シンクボードの活用法を考えてみました。

Largeサイズなら、シンクボードに板書をしながら会議をすれば議事録要らず。チーム共有のGoogleDriveにアップすれば、共有も楽々ですね。

家庭でお子さんのお絵かき帳代わりにするのはいかがでしょうか。

スキャンして遠くのおじいちゃん・おばあちゃんに送ってあげたり、専用のメールアカウントに成長記録を残したりすれば宝物になりそう!

Smallサイズはバインダーにでも貼って、1対1または1対少人数で説明するのにちょうどいいかも。

「今日お話した内容です」ってメールで送ってあげたら、紙みたいに無くさないから喜ばれそう。

個別指導塾とか携帯ショップスタッフ、保険屋さん、コンサルタントの人におすすめしたい。

消すときに水が不要でスマートノートよりも手軽に消せるので、電話メモとか1日の行動記録とか、書いては記録して消したいものにも便利だと思います。

シンクボードレビューまとめ

シンクボードはアナログとデジタルの狭間でいいとこ取り!

ホワイトボードマーカーでアナログに手書きしたら、パシャッとスキャン、デジタル化して保存〜シェアまで楽々です。

良いところ

  • 壁に貼れるので、狭いオフィスでも大丈夫!
  • マーカーの跡が残らずキレイに消せる、ばつぐんの消し味!
  • タップするだけでスキャン〜PDF化〜シェアできる!
  • スマートタイトル昨日でスマホからでも名前を付けて保存が楽ちん。

残念だったところ

  • 1回剥がしたら二度と貼れない。覚悟して設置しよう。
  • アプリが英語版のみ。最低限の使い方は説明書で分かります。

アイディアを保存したい人、書いたものをシェアしたい人にピッタリだと思います。

シンクボード詳細・購入はこちら。

詳細ページ

フリクションペンで書いて、アプリで保存!ウェットティッシュで消して何度でも半永久的に使える「スマートノート」もおすすめです。

A4、B5など大きめのノートタイプから、小さめ・カバーつきの手帳タイプまで11種類のスマートノートを比較しました。

合わせてチェック!

スマートノート11種類を徹底比較
スマートノート11種類の比較まとめ|Everlastから類似品までスマートノートが話題ですね。 Amazonで探してみると、サイズや罫線、表紙の色や素材などいろんな種類が見つかったので、比較検討用に主...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です