副業・起業

副業解禁でも「うまくいかない人」がハマる落とし穴とは?

  • 会社の給料が低いから、他に収入源を増やしたい
  • 会社で働きながらも、自分でビジネスを始めてみたい
  • 副業解禁されたから、何かに挑戦してみよう

ここ最近、在宅勤務やら残業禁止やら、「働き方」をめぐる環境がガラッと変わりつつありますね。

大手企業も次々に副業解禁をしており、「自分でもビジネスを始めてみようかな?」と考えている方も増えているようです。

副業するにしても、単なる「お小遣い稼ぎ」の感覚でやるのか、それとも将来的に、独立して自分の事業として本格的に進めていくのか?

大きく分けてこの2パターンに分かれると思います。

いずれにせよ、副業をやっても「うまくいく人」と「うまくいかない人」がいます

この記事では、

  • 副業で「うまくいく人」が持っているものとは?
  • 副業を始めても「うまくいかない人」がハマってしまう落とし穴とは?


その辺りに触れてみようと思います。

「副業」だからって片手間でカンタンとはいかない!

「会社勤めをしながら、副業でビジネスしてます」

友達や知り合いからこんな言葉を聞くと、

「へえ、会社から帰宅してから2〜3時間ほど作業をするだけで良いのかな?」
「週末にまとめた時間を作って、自分のペースで進められるんだ」

と、思ってしまいませんか?

何となくですが、副業は「片手間でできる」と思われがちで、誰でも簡単にできるハードルが低いものというイメージが先行している気がします。

もちろん、それは間違いです!

確かに、今は副業の種類も増えて、

・手軽に始められる
・資金が少なくて済む
・既にビジネスモデルがある

というように割と手を出しやすい環境ではあります。

だからといって、「簡単に楽に稼げるはず」と考えていれば、当然ながらうまくいきません。

副業でうまくいく人は、しっかりと「起業家マインド」を持っています。

要は、自分自身が一人の経営者であるという自覚を持ち、ビジネスで結果を出すために的確な判断をする力、決断力や実行力、ビジネスを進める上での心構えを持ち合わせているのです。

もちろん、何一つ愚痴や文句を言わずに、努力し続ける姿勢だって持っています。

ところが副業を始めてもうまくいかない人は、この「起業家マインド」を持ち合わせていません。

その結果、多くの人がお小遣い程度すら稼ぐことなく、挫折してしまうのです。

「副業」だからといってビジネスに変わりはない!

もしかすると、「何を大げさなことを…」と思われるでしょうか?

しかし、副業とはいえ、れっきとしたビジネスであることには違いありません

そもそもの話、副業でうまくいかない人は、

  • ビジネスの本質は何か?
  • ビジネスで成功するための要件は?

という部分を、あまり真剣に考えていない可能性もあります。

この部分をおろそかにしていると、たとえ副業を始めたところで、小遣いほどの収益すら得られずに挫折してしまうのです。

ビジネスとは何か?

では、ビジネスの本質って一体何なんでしょうか?

これは突き詰めると、「お客様に何かを提供して、対価を頂くこと」に尽きると思います。

実際に、副業を始めるに当たっては、自分の方から「提供するもの」と、それを受け取る「お客さん」の両方が必要になるわけです。

「そんなの当たり前じゃん!」と思われるかもしれませんが、いざ自分がビジネスや副業をするとなると、この基本的な部分が頭になかったりします。

その結果、自分が「出来ること」や「やりたいこと」とかけ離れたものを商品やサービスを提供して、長く続かなかったり。

あるいは、独りよがりのビジネスになってしまい、誰もお客さんが来なかったりするわけです。

ビジネスせ成功するための要件とは?

ビジネスや副業で安定した収益を上げるためには、「社会貢献性」を意識することが大事です。

つまり、大なり小なり、何らかの形で世の中や社会に役立っていること。

もっとカンタンに言うなら、「人の役に立っていること」が大事、ということです。

その点を軽視すると、ビジネスは軌道に乗りません。

世の中や社会に繋がっていなければビジネスは成立しないし、自分の提供する商品やサービスが誰の役に立たないものであれば、それを受け取るお客さんも集まるはずがない。

それは言うまでもないと思います。

副業をする以上、このような「起業家」や「経営者」としての視点が大事です。

確かに、世の中を見渡すと、売り上げや利益ばかりを追い求め、いかに自社が儲かるかばかり考えている経営者もいます。

ですが、ゼロの状態から末長くビジネスを続けていくのであれば、「世の中の役に立とう」「「多くの人に喜んでもらおう」という点を第一優先にすべきです。

副業で失敗する人がハマる落とし穴とは?

自分が稼げるかどうかを重視してしまう

副業で失敗する人がハマる落とし穴は、世の中のため、人のためにという視点を無視し、「いかに自分が稼げるか?」ばかりを重視します。

そして、「一番稼ぎやすいものは何か?」という視点でビジネスを始めるのです。

そんな感じで、一時期のブームに乗っかって成功しているかのように見える人も、確かに存在します。

しかし、そのほとんどがブームの収束とともに姿をくらます可能性が高いのです。

たとえば、今は「タピオカドリンク」がブームになっていますよね?

このブームに便乗して、自分も「タピオカ専門店」を出店していたいと考える方も多いかもしれません。

確かに、今ならお店を構えるだけで、苦労せずにある程度の利益を出せる可能性は高いです。

まず、大掛かりな調理場が不要なので、初期投資が安く抑えられます。

業者からブラックタピオカを仕入れ、ミルクティーに入れるだけですから、食品衛生関係の資格さえあれば特別な経験がなくても簡単に販売できます。

しかも、原材料はタピオカと紅茶の茶葉とミルクなどで一杯あたり50円ほど。

カップやストローなどの備品を合わせても原価100円にも満たない商品を、500円近くの価格で販売しているわけですから、粗利益率も高いと思います。

それでもオススメできないのは、いずれ消えてなくなる可能性があるからです。

ひと昔前であれば「白いたい焼き」がブームになり、街中に専門店が溢れていました。

でも、今は見る影もありませんよね?

確かに、ブームに乗っかってうまくいっている人の真似事すれば、それだけで稼げる可能性はあります。

しかし、たとえブームに乗って結果を出したところで、本当に社会の役に立とうという思いで取り組まないと、ブームが収束した頃にはビジネスも収束してしまうのです。

一時的に軌道に乗ったとしても、すぐシャボン玉のようにパンと簡単に割れてしまう。

本当にそれで良いのでしょうか?

別に、ブームに乗るのことが悪いわけではないです。

ただ、副業にしろ起業にしろ、「市場が拡大している」という理由だけで、ジャンルや業種を決めてビジネスを始めた人は、大半が長続きせずに失敗に終わっています。

いずれ消えて無くなると分かっているものに、貴重な時間やエネルギーを割くのは、とても勿体ない気がします。

それよりも、ビジネス自体が自分の財産となるように、愛着を持って継続できるジャンルに参入することが大事です。

財産とは、単にお金や資産だけの話でなく、ビジネスを通じて手に入る経験値やセンスなど、目に見えないものを含めたものです。

一過性の成功のためにビジネスをするのか?

それとも、自分のビジネスを通じて、社会のため他人のために本気で役立つつもりでやるか?

あなたにはぜひ、後者の方を選んでいただき、ビジネスを通じてあなた自身の人生を高め、人間性を磨いていってほしいと思います。

情熱を持って取り組めないビジネスをする

もう一つ、ブームに乗ることの危険性をお伝えします。

どうしても稼ぎたい、結果を出したいという気持ちが先行する心理は理解できます。

しかし、ただ「流行っているから」という理由だけで、自分が全く興味がないことをやると、いずれ「苦痛が伴う」のです。

どんなビジネスや副業であれ、何かに取り組む以上、ある程度の努力することは避けられません。

ものすごいセンスがある人であれ、経験が豊富な人であれ、形にするために自分のエネルギーを費やすことは必須です。

にもかかわらず、「儲かりそう」という理由だけで、自分が全く興味がないものをチョイスしてしまうと、ビジネスが軌道に乗る前に、やっている本人が耐えきれなくなってしまうのです。

お金は稼げるかもしれないけど、本当にやりたいことと乖離していると、心が伴わずに気力が湧いてこない…。

そうなる可能性が高いです、

たとえビジネスが軌道に乗ったとしても、充実感が感じられないとか、なぜか虚しくなってしまって続かない、なんていう話も聞きます。

ちょっとした壁にぶつかると、簡単に心が折れたりもします。

特に、流行やブームに乗るということは、それだけライバルが多いし競争が激しいわけです。

先ほどのタピオカドリンクであれば、そこに本気で情熱を注ぐ人がいるかもしれません。

心からタピオカドリンクが好きで、苦痛に思わず楽しんでビジネスをする人もいるでしょう。

そのような人たちに打ち勝つことができるでしょうか?

以上、まとめますと、副業に取り組んでも「うまくいかない人」は。

  1. 自分が稼げるかどうかを重視してしまう
  2. 情熱を持ってビジネスに取り組めない

という落とし穴にハマってしまう人です。

まとめ|副業解禁でも「うまくいかない人」がハマる落とし穴

今、働き方が変わろうとしていて、副業を始める人や自分のビジネスを持つ人が今後どんどん増えていくと思います。

ちょっと前までは考えられなかったお金の稼ぎ方も登場し、これからも、今はまだ存在しない職業が登場するかもしれません。

しかし、どのビジネスに取り組むにしても、大事なのは自分だけが稼げれば良いわけではない、ということ。

継続的にビジネスを続けるには、「世の中のためになっているか?」「人の役に立っているか?」を考えることが大事です。

その上で、あなた自身が苦痛に感じない、得意なことや好きなことをビジネスにしてみてはいかがでしょうか?

そもそも「自分には一体何が出来るのか分からない!」とお悩みであれば、この記事を見て「ブレインダンプ」をして頂き、頭の中を棚卸しすることから始めてみてください!

ブレインダンプのやり方|お金・収入アップに繋げる効果的な方法とは?「本当に自分が好きなことをしてお金を稼げたらな…」 「土日に副業をしたいけど、今の自分は何ができるのだろう?」 「起業に憧れるけど、何か...
当サイトおすすめメールマガジン


ここまでお読みいただきありがとうございます!

一人でも多くの方に新しい視点や考え方を知っていただき、心が軽くなったり、悩みが解決したり、人生をもっと楽しんでもらえたらいいな、と思いこのブログを書いています。

私はほんの3年前ぐらいまで、真っ暗闇のどん底の中にいました。

信じていた人に見捨てられ、寂しさを紛らわすように刺激的なゲームやネットの掲示板や動画を見まくり、一食にご飯を2合食べるほどの過食も止まらず、コンビニの袋だらけでゴミ屋敷寸前。人と比べては「自分はダメだ」と落ち込む日々でした。

ところが、私の先生であり、最も頼れる友人でもある佐藤想一郎そういちろうさんに出会って、人生が全く逆の方向に回り出します。

まだ20代なのが信じられないくらい色んな経験をしていて知識も豊富なのですが、何よりも「良い未来」を信じさせてくれる不思議な説得力があります。

私も上手く乗せられて、当時の知り合いからは「別人みたい」と言われるほど明るく元気になり、仕事にも情熱を注げるようになりました。

想一郎さんのメールマガジンには、人生の壁を乗り越えるヒントがいっぱい詰まっていて、読むだけでも毎日にちょっと幸せを感じられるような温かさがあります。

人生の流れを変えたい! 成長したい!と少しでも思われている人は、ぜひ一度読んでみてください。オススメです。

→ 詳しくはこちらから