友人関係

男女の友情はある? そもそも同性どうしだって友情は難しいよね

男女の友情はある?

あなたは、男女の間に友情は「ある」と思いますか? それとも「ない」と思いますか?

キチオくん
キチオくん
好きな人がいるんだけど、けっこう社交的で男友達も多いみたいなんだよね。それって本当に友達なのかなあ…
久美先輩
久美先輩
お、キミは男女に友情は「ない」派かね?
キチオくん
キチオくん
うーん、あるときもあるかもしれないけど、すっごいカワイイ子だから、その子は友達だと思ってても男どもはその子のこと絶対に狙ってると思うんだよね

今回は、果たして男女に友情はあるのか? そもそも友情って何なのか?体験談も踏まえて、いろいろ考えてみました。

男女の友情「それって、友情??」

男女の友情の難しさは、関係性が「友達ー友達じゃない」の軸だけでなく、「恋愛対象として好き」とか「性的な欲望を満たしたい」とか、他の要素が色々と絡んでくる点です。

どっちかが恋愛対象として好きなんじゃないの?

ある男性は、「男女の友情は存在しない派」で、こんなことを言っていました。

男女の友情ない派
男女の友情ない派
男女で友達同士って、それ、どっちかがどっちかを好きだと思うんだよね

幼稚園ぐらいの小さい子供たちを見ると、男女まじってワーワー遊ぶこともありますが、すでに男女で興味が別れている様子が見られます。

たとえば、「ごっこ遊び」では、男の子たちはヒーローごっこでセリフは「とぉっ!!」とか「ビビビビビビ!!」とか、擬音ばっかり。体を動かすのが好きで、勝負事となると燃えます。

一方、女の子たちは、ままごとでお母さんと子供たちになりきったり、お店やさんごっこで店員とお客のやりとりを再現したり、なりきることや、皆んなで何かすることを好みます。

これが男女の持って生まれた性質の違いなのか、「男の子だから」「女の子だから」と与えられた環境の差によるものなのかは分かりませんし、例外的に男の子っぽい女の子とか、女の子っぽい男の子とかもいます。

ただ、一般的な興味・関心には男女でかなり差がある、ということは言えると思います。

だから、自然に気の合う人同士で集まってたら男女別になるけど、好きだからわざわざ相手に寄せてるんじゃないか、という説が浮上します。

実際、釣りとかギャンブルが好きだという女は、高確率で昔の男の影響を受けてるのでは?(違ったらごめんね!)

友情っていうか、仕事仲間だよね?

男女で恋愛感情なしに親密な関係性が続くのは、「ビジネス」が絡んでいるケースが多いのではないでしょうか?

新卒の研修から10年も一緒に机を並べて働いてきた同僚は、もう恋人や夫婦よりもずっと信頼できる「戦友」みたいな関係になってるかもしれません。

でも、お互いに職場で恋愛する気はなく、会社以外にバートナーを持っている。

そんな二人の関係は友達に限りなく近いけれど、やっぱり「仕事仲間」と定義するのが適切でしょう。

なぜなら、その関係はビジネスなしには成立しないからです。

出会ったのが職場でなければ、二人は友達じゃなくて恋人同士になってたかもしれないし、逆に全く関わらなかったかもしれません。

そして、仕事の繋がりがなくなったら、きっともうそこまで関わらなくなるでしょう。

セックス・フレンドに友情は存在するか?

そして、「体の関係」も男女の友情をややこしくする要素のひとつです。

これは人によって価値観の別れるところで、

男女の友情ない派
男女の友情ない派
肉体関係を持ったらそれは友情じゃない

という人もいれば、

男女の友情ある派
男女の友情ある派
体の関係を持っても平気で友達でいられる

という人もいます。

難しいのは、自分は友達のつもりでも相手がそうは思っていないかもしれないことです。

友達以上の関係だと期待されてしまうなど、ややこしいことになりかねません。

そして、ビジネスの話と同じで、そこから「セックス」という目的が消えたとしても友達でいられるのか?と言う問題もあります。

キチオくん
キチオくん
やっぱり男女に友情は存在しないの…?

友情の定義って何だろう

私は、男女の間でどっちかがどっちかを恋愛対象として好きだろうと、仕事仲間だろうと、セックス・フレンドだろうと、ある1つの条件を満たすのならば友情は成立すると考えます。

私が考える友情

私は、「目的なく一緒に過ごしたいと思うこと」が友情であると定義しています。

恋人とかパートナーは、セックスするとか幸せな家庭を作るとか、何かしらの目的がある。

仕事関係の人も「ビジネス」っていう目的がある。

趣味の仲間とかクラスメートとかも、何らかの目的があって一緒にいる。

そういう目的を抜きにしても、ただご飯を食べたり、話したり、何もしないでぼーっとしてたり、一緒に過ごしたいと思える人が、私に取っては「友達」。

だから、セックスという目的でしか関わりたくない「セフレ」や、子育てという共通の目的が終わったら熟年離婚する夫婦、趣味とか同窓会とかの行事以外では会わない人は、同じ目的に向かう「仲間」だけど「友達」じゃない。

趣味も考え方も、生活スタイルもぜんぜん違うんだけど、なんか気が合う…そういう人に対する「親愛の情」みたいなのが友情だと思うんです。

これまで24年と108ヶ月の人生の中でも、そういう意味で友情を感じる人は数えるほどしかいないのですが、その中に異性も入っています。

友達だったと思っている人

私は女ですが、元彼の中に友達になった人がいます。

何を隠そう、過去記事「クリスマスまでに恋人が欲しい!願望は叶って彼氏はできたけど…」に登場した、一瞬だけ付き合って速攻で別れたあの彼ですよ(笑)

別れた後もバイト先で顔を合わせて、普通に話してはいたんですよね。

学習塾のバイトだったので、時間が遅くなったときは帰りに車で送ってもらいました。

もうお互いに恋愛感情はゼロで、話題も研究室がブラックだとか、恋愛相談したりとか、ゲームやアニメの話とか、どうでもいい雑談ばっかり。

でも、なんだかんだ話し込んじゃって、深夜までぐるぐるドライブして、モスバーガーとかラーメン屋とか食べに行って、エッチなことは何もしないで帰る(笑)

で、最初は恋愛対象として好きだったけど、すっかり冷めて初めて普通に人として見れるようになりました。

そしたら普通にいい人だったし、お互いに飾らずにダメなところを見せられる相手だったんですね。

接点がなくなっても付き合える人

その後、私は大学を卒業して別の塾に就職し、彼は大学院に進学しました。

もはや何の接点もなくなって、1年以上どっちからも連絡とらずに月日が流れていきました。

あるとき私は、友達が引っ越しで処分するというプレステ2を譲り受けました。

じゃあ、せっかくだから好きな声優さんが出てるテイルズオブデスティニーのシリーズを遊んでみようと思い…

久美先輩
久美先輩
そういえば、あの人ゲーマーだったけど、持ってるんじゃね?

と、元彼のことを思い出しました。

超久しぶりでメールしたにも関わらず(まだLINEがない時代です)、アドレスは変わってなくて、まるで昨日も会ってたかのような超フツーのやり取りになりました。

ゲームを借りるついでに、久々にドライブへ。

やっぱりどうでもいい話をしながら、深夜のコロナワールドに行って、それぞれお風呂に入って、やっぱりエッチなこととかは何もしないで帰ってきました(笑)。


果たして、あれは友情だったのか?

私と彼の関係は一応「元恋人」だから、男女の友情は成立してないでしょっていう人もいると思います。

確かに名目はそうなるし、その人の定義で友情じゃないって言うのは自由です。

お互い微妙にキープしてたんじゃないか説」は、完全に否定はできないけど、たぶん、ないと思います。

私が鈍感すぎて、向こうが本当は復縁したがってたんだったらゴメンですけど…うーん、ないだろうなあ。

少なくとも、私の中では別れてからの彼に「友情らしきもの」を感じていました。

今はもう10年以上連絡を取ってないし、連絡先も知りません。

でも、もしもどこかでバッタリ再開したら、きっとご飯でも食べながら、どうでもいい話をするんだろうな。

毎日会って連絡を取ってないと維持できない関係より、時間が経っても、状況が変わっても、またいつでも目的なく親密でいられる関係の方が、よっぽど友達っぽいと、私は思うのです。

友情は男女じゃなくて同性同士でも得難い

男女の友情はあるか、ないか、っては議論されますが、そもそも男同士・女同士だってそんなに友情が成立するもんじゃないですよね?

本当に気があう親友になる人って、ほんの数人いるかいないかで、あんまり関わらない人の方が世の中に大多数なわけですから。

同性の友達だって、本当にそこに友情が「ある」か「ない」かで言ったら、そりゃ分からない。

男女で友達だと思ってたら、実は相手に下心があった…っていうのと同じで、女同士で友達だと思ってた人が、実は自分を利用ようとしてただけってことはよくあります。

表面的には仲良しでも、

  • 「友達がいっぱいいる自分」を演出するための引き立て役が欲しい
  • コストコの会員だから、仲良くなって買い物に便乗したい
  • ランチでも何でも、一緒に誰かいると何となく安心だから

など、相手の都合に付き合わされているだけかもしれません。

そう言う友達は、相手にとって自分が役に立たなくなると離れていきます

純粋な友情は、異性だから特別難しいものじゃなくて、そもそもエゴにまみれた私たち人間には得難いものなのでしょう。

私も元彼に対して友達の振りをして、実は自分の寂しさを埋めたいとか、ゲームを買うのヤダとか、どこか自分のために利用してたのかもしれません。

あなたにとっての友情とは何ですか?

男女の友情を維持するルール
男女の友情を維持するためのマイルール5個。友人としての距離感とは男女の友情、そもそもあるのかないのか? という問題もありますが、男女の友情はある!と信じて友人関係を維持したい場合には、同性の友達とは違...
当サイトおすすめメールマガジン『裏カジノから逃げ出し、自由を獲得したストーリー』


ここまでお読みいただきありがとうございます!

申し遅れました、当サイトライターの高橋久美と申します。

一人でも多くの方に新しい視点や考え方を知っていただき、心が軽くなったり、悩みが解決したり、人生をもっと楽しんでもらえたらいいな、と思いこのブログを書いています。

私はほんの3年前ぐらいまで、真っ暗闇のどん底の中にいました。

信じていた人に見捨てられ、寂しさを紛らわすように刺激的なゲームやネットの掲示板や動画を見まくり、一食にご飯を2合食べるほどの過食も止まらず、コンビニの袋だらけでゴミ屋敷寸前。人と比べては「自分はダメだ」と落ち込む日々でした。

ところが、私の先生であり、最も頼れる友人でもある佐藤想一郎そういちろうさんに出会って、人生が全く逆の方向に回り出します。

まだ20代なのが信じられないくらい色んな経験をしていて知識も豊富なのですが、何よりも「良い未来」を信じさせてくれる不思議な説得力があります。

私も上手く乗せられて、当時の知り合いからは「別人みたい」と言われるほど明るく元気になり、仕事にも情熱を注げるようになりました。

想一郎さんのメールマガジンには、人生の壁を乗り越えるヒントがいっぱい詰まっていて、読むだけでも毎日にちょっと幸せを感じられるような温かさがあります。

人生の流れを変えたい! 成長したい!と少しでも思われている人は、ぜひ一度読んでみてください。オススメです。